森林認証制度のてびき

Shares
0

Related stories

  森林認証の現状について知りたい人には、 Richard Eba’a AtyiとMarkku Simulaによる「森林認証:熱帯木材のための挑戦(Forest Certification: Pending Challenges for Tropical Timber)」がお勧めです。最新の事象や数値を示すと共に、さまざまな森林認証制度の比較、それぞれの制度が熱帯林に与える影響について述べていま す。Polex筆者はこの論文から、つぎのようなことを学びました。

 2002年1月現在、認証森林面積は全世界で1億9百万ヘクタール、2001年の2倍、1999年の4倍の面積が認証されています。

 森林面積に対する認証森林面積の割合は、全世界では2.8%、北米で8.7%、ヨーロッパで5.7%、その他の地域では0.5%にとどまっています。

 アジア太平洋地域、アフリカ、ラテンアメリカの認証森林面積は、世界の認証森林面積の8%にすぎません。

  国際的な森林認証制度の代表的なものとして、The Pan-European Forest Certification (PEFC)、the Forest Stewardship Council (FSC:森林管理協議会)があり、PEFCはヨーロッパを対象に森林認証を行なっています。熱帯地域では、FSC、マレーシア国認証制度、 Keurhoutにしたがって、森林認証がなされています。

 FSC認証を受けた森林で経営面積が5万ヘクタールを超えるものは86件あり、全認証森林面積の9割以上を占めています。(5万ヘクタール以下の認証森林は284件。)

 FSC認証を受けるための審査・認証業務は、FSCにより認定された認証機関によりなされます。認証件数の約9割が、SGS、Rainforest Alliance/Smart Wood、SCSの3機関によってなされたものです。

 イギリス、デンマーク、ベルギー、オーストラリア、アメリカ合衆国のいくつかの州では、環境政策の一環として、認証森林からの産物の使用を推進しています。

  すでに認証を受けている熱帯林は、もともと丁寧に管理されていたものが大半です。しかし、認証森林の経営では、長期的な森林管理計画の策定、調査 区の設定、Reduced impact loggingの適用、保護林区の設定、森林経営に関する報告等を必要とするため、森林認証制度が広がることにより、より多くの森林で持続的森林経理が実 施されるようになると期待されます。

 ここで紹介したのは、Eba’a AtyiとSimulaによる論文のほんの一部にすぎません。全文を取り寄せてお読みになられることを願っています。

(Visited 80 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

訳者付記:今回紹介された論文は、国際熱帯木材機関(ITTO)が2002年4月にマレーシアで開催した国際ワークショップ「森林認証制度の互換性と等価性 (Compatibility and Equivalence of Forest Certification Schemes)」で発表されたものです。

森林認証制度については、小林紀之著「21世紀の環境企業と森林」、日本林業調査会、に詳しい解説があります。

今回 紹介した論文の電子ファイルを希望される方は、コメントや質問がある方は、Markku Simulaにご連絡ください。