先立つものがなければ(アフリカ)

Shares
0

Related stories

FAO(国連食料農業機関)では、世界の森林の現状に関する報告を2年に1度公表しています。先週、2003年版が公表されました。その中にアフリカ諸国が森林のために支出した金額についての調査報告があります。

  その調査によると、調査に協力した32ヵ国の森林関連歳出の平均は1ヘクタールあたり82セント(約1円)にすぎません。1999年の実績による と、年600万ドル以上を森林のために歳出した国は、全体の半分にすぎません。西アフリカ沿岸諸国では森林面積は少ないのですが、林業が産業として重要な ことから面積あたりの歳出は、より多くの森林面積をもつ中央および南部アフリカ諸国の森林関連歳出よりも大きくなっています。

 多くの国々では、少ない予算がさらに削減されています。情報を公開した16ヵ国のうち、インフレを考慮した実質額で予算が増えたのは1国のみで、横ばいが5ヵ国、残りの10ヵ国では森林関連予算が減少しました。

  アフリカ諸国の森林関連歳出の約4割は、諸外国、国際機関からの援助によるものです。この情報を公開した20ヵ国のうち10ヵ国では、援助が総歳 出の6割を越えていました。しかし、このような援助も減りつつあります。1995年には全体で1億3200万ドルあったのが、1999年には1億1000 万ドルに減ってしまいました。

 森林からアフリカ諸国が得ている歳入は8200万ドルですが、その3分の2がコートジボアールとガーナによるものです。平均では、アフリカ諸国は木材1立方メートルあたり、2.4ドルの収入しか得ていません。そしてそのような状況が改善されつつある気配もありません。

  この4月はじめには、森法の遵守とよりよいガバナンスを実現するための会議のため、アフリカ諸国の森林および環境担当閣僚がカメルーンに集まりま す。森林法の遵守を実現するためには、違法な森林活動で不当な利益を得ている集団に毅然して立ち向かう覚悟が必要です。しかし、実際に行動を始めるには、 お金が必要です。FAOの報告書を読む限り、必要な予算が不足していることは明らかです。

(Visited 70 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

 今回紹介した報告書の無料電子コピーを希望される方は、ご希望の言語(英語、スペイン語、フランス語、アラビア語)を明記の上、Adrian Whiteman宛、ご連絡下さい。この報告書に対するご意見や質問もAdrian氏あて御願いします。

アフリカ諸国の森林関係予算についてさらに詳しく知りたい方は、www.fao.org/forestry/finance から情報を得ることができます。また、今回紹介した報告書はwww.fao.org/forestry/index.jsp で見ることができます。(CIFOR研究員、William Sunderlin, Sven Wunder, Arid Angelsenが、報告書の「森林と貧困」に関する章を執筆しています。)