賄賂も様変わり

Shares
0

Related stories

今回のPOLEXは、インドネシアの地方分権によっ て、違法伐採とそれにまつわる賄賂がどのように変わったかに関する研究を紹介します。今回紹介する論文は、最近発行されたInternational Forestry Reviewの違法伐採特集号に掲載されたものです。

 林業会社は、単に伐採権を得るためだけに、汚職官僚の買収をお こなう気はありません。もしそれだけなら、費用対効果の点で割高になるからです。し かし、贈賄によって、脱税、許認可手続きの簡略化、伐採基準の無視などが可能になるとしたら、贈賄は会社の収支にみあうものになるのです。

  スハルト大統領が君臨していた頃、インドネシアの森林企業は、伐採権を得るために多額の賄賂を支払う必要がありました。そして賄賂によって伐採権 を得た企業も、伐採に関する法律におおむね従っていたのです。一方、森林官達は、伐採業者が持続的森林経営のための法律に従わなくても、それを無視しがち だったのです。というのは、業者の違法行為を指摘するよりも、合法的に伐採がなされていると見なすことで、より多くの伐採税を徴収することが可能だったか らです。スハルト独裁体制は、自分たちの利益を満たすために十分な権力をもっていたのです。

 スハルト大統領による独裁時代が終わり、イ ンドネシアは地方分権の時代に入りました。そして行政だけでなく汚職も地方分権が進んでしまいました。 林業省は、木材関連企業に対する行政的指導の困難さに直面しています。地方政府は独自の伐採権を認可するようになり、伐採権の許認可を受けない人々が、伐 採を実施するようになりました。その結果、多額の贈賄も納税も必要と感じない企業が多くなりました。

 違法伐採や脱税の摘発によって、懲 役や罰金刑を科せられることは、ほとんどありません。しかしながら、違法行為が摘発される危険をさけるため、か なりの伐採企業が、地方政府役人、軍関係者、警察官等に賄賂を払っています。賄賂の額は、以前よりも少額になり、より多くの人に分配されているようです。 企業が賄賂に費やす金額と政府の税収はともに小さくなり、違法伐採の対象となる森林は増加しています。

 Joyotee Smith他による論文、「インドネシア、カリマンタン島の違法伐採、共謀する汚職と分断された政府」は、違法伐採とそのための汚職が地方分権によってど のように変わってきたかを、東カリマンタン州(インドネシア領ボルネオ島東部)の3つの郡で、調査しました。上で述べたような変化は、中央集権から地方分 権へ移行する際にありがちなものと、Smith達は考えています。伐採権を得るために贈賄をおこなうよりも、伐採に関する法律を破る傾向が高まるため、地 方分権により汚職総額が増えることは無いようです。

 地方分権化による混乱に直面している人の中には、過去の強権体制を懐かしがる人もい ます。しかし、後戻りはできないのです。地方分権と民主化は推 進されなければなりません。民主化の過程でおきる汚職の蔓延を解決するには、さらなる民主化しかないのです。社会的な圧力があれば、政府機関の透明性と説 明責任を高めることができるでしょう。もちろん時間と多大な努力が必要ですが、できないことは無いのです。嘆くのはやめて、秩序をつくりあげましょう。

(Visited 34 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

 今回、紹介した論文 “Illegal Logging, Collusive Corruption, and Fragmented Governments in Kalimantan, Indonesia”の無料コピー(PDFファイル)を希望される方、質問・コメントがある方は、Dr. Joyotee Smith宛、ご連絡下さい。英語での質問・コメントの送付に不安がある方は、CIFORインターンシップの倉光宏明に、ご連絡頂ければお手伝いさせて頂きます。なお、質問およびコメントについては、今回紹介した論文をご一読の上でお願いします。