罰金を払わせよう!

Shares
0

Related stories

投資の失敗に疲れていませんか? メキシコのセルバ・ マヤの 保護動物の商売に参加すれば、簡単にお金儲けができますよ。捕まることを恐れることはありません。政府役人は、大手業者の邪魔をすることはありません。た まに貧しい農民の後をつけることはありますが、捕まるのは1%程度ですし、罰金を払わされるに至ることはありませんから。

別の方法として は、パプアからインドネシアに違法伐採木を運ぶという手もあります。船一艘で、10万ドルのもうけがあります。木材を満載した輸送船 は目立つはずですが、警察は違法伐採木を輸送する船の3%程度しかみつけません。捕まった連中の8割は罰金を払っていませんし、払ったとしても千ドル程度 です。

ブラジルのバヒアの森での小規模な違法伐採も、フィリピンのパラワンでの密漁も、かなりいい稼ぎになります。投資家は覚えておくべきです。環境犯罪の罰金が安いことを。

コ ンサべーション・インターナショナルのAnita AkellaとJim Cannonは、どうして上のようなことになっているかを説明しています。つまりは法律と生産者が入り乱れているのです。法の番人である公務員は、給料が 安く、訓練もうけておらず、十分な装備も与えられていないうえに、しばしば汚職に巻き込まれています。警察官、検察官そして裁判官の間が密に協力すること は、ほとんどありません。司法機構に関わる人は、環境法とその手続きに詳しくありませんし、強盗や殺人犯に気をとられているのです。そして、環境法を司法 手続きと組み合わせたり、その効果を高めるための戦略をたてるために、事例を把握しようとしている人は少ないのです。

このような現実に直面すれば、まともな人なら失望してあきらめるのが普通でしょう。そうならないことを望みましょう。森林や野生動物の保全には、鍵となる法律や規制を強化することが必要不可欠です。需要を押さえるだけでは不十分なのです。

法 施行を強化するためには、システム全体を強化する必要があります。そのためには、新しい政策と実施手順が必要です。資金、訓練、高い透明性、そし て系統的な監視が必要になります。犯罪者は、捕らえられるだけではなく、告訴され罰せられる必要があります。いまのところ、逮捕後したあとの手順に関連性 はありません。法律は、現行のものよりも現実的で公平なものであるべきです。そして正しく施行されなければなりません。違法行為に従事せざるを得ない人々 は、違法にならないような生計を立てる手段を持つ必要があります。これらのことが、それぞれに重要であることを認識した上で、違法行為による生産物に対す る需要を減らす必要があります。一朝一夕で出来ることではありません。しかし、犯罪者を野放しにせず、罰金を払わせる方法を見つけなければなりません

(Visited 38 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

今回紹介した論文、 Akella, A.S. and J.B. Cannon. 2004. "Strengthening the Weakest Links: Strategies for Improving the Enforcement of Environmental Laws Globally." Washington, DC: Conservation International -- Center for Conservation and Government, September 2004.の無料電子ファイルをご希望の方は、Ms. Ingrid Neubauer 宛 ご連絡下さい。コメントや質問は、Anita Akella か Mr. Jim Cannon 宛にお願いします。

英語での質問・コメントの送付に不安がある方は、CIFORの倉光宏明 に、ご連絡頂ければお手伝いさせて頂きます。なお、質問およびコメントについては、今回紹介した報告をご一読の上でお願いします。