飲まなくても酔っぱらい?

Shares
0

Related stories

 人のことは言えませんが、酔っぱらいというのは、同 じことを繰り返し話したり、無意味なことに熱中したりしていても楽しそうです。多くの開発援助機関は、酔っぱらい状態を楽しんでいるように感じられること があります。担当者が頻繁に入れ替わり、記録の保管と共有に力をいれず、高級酒のボトルにつめかえた安酒をありがたがるかのように、多くの機関は経験から 学ぶことはありません。

 そのため、米国国際開発機関(USA Agency for International Development, USAID)が、天然林およびその地域住民のため過去25年間に実施したすべてのプロジェクトを再評価したことは、喜ばしいことです。国際的評価チームに よる報告書「天然林にあるUSAIDの不朽の財産:生計、景観、ガバナンス」は、USAIDの森林活動の全体像と10ヵ国での事例研究を取りまとめたもの です。

 1970年代、USAIDの森林プロジェクトといえば、薪炭材か流域管理のための植林でした。その後、森林減少への懸念が高まる につれて、生物多 様性保全や保護林のためのプロジェクトが増えました。そして、非木材林産物の売り込み、エコツーリズム、森林認証など市場価値を高めるための活動が増えて います。また協力相手として官僚主義的な国家政府を減らし、地方政府やNGOに予算を配布する傾向が進んでいます。報告書の指針が受け入れられるならば、 これからは自然資源と民主化および紛争の予防を目的としたプロジェクトが主流になるはずです。

 時とともに変わったこともありますが、変 わらなかったこともあります。たとえば、森林に対する長期の投資や、適切な技術の提供です。植栽地、森 林、公園等、プロジェクトが対象にする土地を絞り込むと同時に、プロジェクト対象地の回りの状況を把握する必要があります。成果を評価するとき、そして新 しい方針をたてるときに困らないよう、森林の環境サービスや森林産物に対する研究とモニタリングを実施して基礎データを収集しておく必要があります。プロ ジェクトは民族や文化に対する配慮を高める必要があります。対立や紛争の可能性に無知であるのは危険なことです。

 上機嫌の酔っぱらいに 悪気は無く、やる気満々ですが、仕事を任すわけにはいきません。記憶が飛ぶため、飲むたびに同じ失敗を繰り返す人もいます。 組織としての記憶を積み上げないと、新しい場所や違う名前をつけた活動で同じ失敗を繰り返すことになります。USAIDを見習って多くの組織が自分たちの 経験から学ぶようになると良いのですが・・・・・。

(Visited 101 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

今回のPOLEXで紹介した報告書は

Clausen, R and A Hube. 2004.USAID’s Enduring Legacy in Natural Forests, Livelihoods, Landscapes, and Governance Volume 1, Study Summary, Washington D.C., Chemonics International.

Clausen, R, D Gibson, T Hammett, D Nduwumwami, L Rebugio, and J Seyler. 2004. USAID’s Enduring Legacy in Natural Forests, Livelihoods, Landscapes, and Governance Volume 2, Study Report, Washington D.C., Chemonics International.

Clausen, R., T Hammett, and J Seyler. 2004. USAID’s Enduring Legacy in Natural Forests, Livelihoods, Landscapes, and Governance Volume 3, Country Profiles, Washington D.C., Chemonics International.

の3編です。無料電子コピーを希望される方、コメントや質問がある方は、Mr. Dave Gibson (DGibson@chemonics.com) もしくは Mr. Rob Clausen (rclausen@usaid.gov)にご連絡下さい。なお質問やコメントについては、原著をご一読の上でお願いします。

なお報告書は、http://www.biofor.com/reports.htm からダウンロードすることもできます。