まかせてみれば

Shares
0

Related stories

 インドのクマオン(Kumaon)地方の若者フカ ム・シンは、初めてアグラワル博士に会ったとき、「森林を保全しようなんて、時間の無駄ですよ。」と言いました。シン自身も森林のことを気にしていません でしたし、近所の人たちが木を切るのをやめさせるなど出来ないと考えていたからです。しかし、8年後にもう一度アグラワル博士に会ったとき、まったく違う 話をしたのです。シンは地方の森林管理協議会に入っていて、村人達が森で木材や薪や飼い葉を集め、肥えた土と澄んだ水が得られることから、森林を保全する ことに誇りを感じていたのです。そこで、
アグラワル博士は、シンと村人達が森林を保全するようになった理由を調べました。

  1910年代、植民地政府はクマオンの人々が森林を使うのを制限しようとしました。しかし、その試みは失敗に終わりました。人々は規則を破り続 け、抵抗のために森林に火をかけたのです。少数の森林官に多数の村人を止めることなどできませんでした。村長達が森林官に協力した場合でも同様でした。

 クマオンの不満を受け、政府は対策委員会を設けました。委員会は森林管理を地方の協議会に任せるよう提言しました。そしてこれまでに、 クマオンの 村々に3,000を超える協議会が設立されました。協議会は、誰が森林を利用してよいのか、どれだけ収穫して良いのか、使用料はいくらか、そして規則を 破った際の処罰について、決定します。

 政府が村人の権利を尊重するようになってことから、村人達は森林を注意深く管理するようにな りました。村人達自身もまた森林資源が減りつつあるこ とに注意を払っています。それぞれの村人が森林保全に参加することは大切です。多くの人が森林保全に協力するようになったのは、社会的な圧力が高まったの がきっかけです。しかし、森林を守ることにより、人々は森林の価値について学んだのです。森林保全に参加することは人々の良識の一つとなりつつあります。 もちろん全ての人に当てはまるわけではありませんが、ハキム・シンにとってはまさにそうなのです。地域の人々に森林管理をまかせることにより、軍隊に森林 を守らせるよりも効果的に森林を保全できることがあるのです。

(Visited 73 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

[Translate to Japanese:] To request a free electronic copy of the paper or to send comments or queries to the author, you can write Arun Agrawal at: arunagra@umich.edu

The full reference for the article is: Agrawal, A. 2005. Environmentality: Community, Intimate Government, and the Making of Environmental Subjects in Kumaon, India, Current Anthropology, 46(2):161-90.

Agrawal has also written an entire book on the topic: Agrawal, A. 2005. Environmentality, Technologies of Government and the Making of Subjects, Durham, Duke University Press.