森林、金、仕事

Shares
0

Related stories

 ときおり、解説や説教めいた教訓無しに、事実だけを伝えたくなることがあります。それにもってこいなのが、FAOの報告書「林業セクターの国家経済への貢献-傾向と現状」です。林業セクターの生産、輸出、雇用等について最新の統計値がまとめられています。

貴方は知っていますか?

  • 2000年、世界の林産業は、3500億ドルの付加価値を生み出しました。その半分は、パルプ生産と製紙によるものです。家具生産は800億ドルの付加価値を生んでいます。

  • 1990年から2000年にかけて、世界の林業セクターはわずかに増加しました。中南米及び熱帯アジアの林業活動が増加したのに対し、ヨーロッパと日本の林業は減少傾向にあります。

  • 2000年、アフリカは世界の林業セクターによる付加価値生産と輸出の2%にしか貢献していません。しかしながら、伐採、木材加工はアフリカの21ヵ国において国内総生産の3%以上をしめています。

  • 中南米の森林産物の80%は、ブラジル、チリ、メキシコによるものです。

  • 1990年から2000年にかけて、林業製品の輸出量は50%増加し、1440億ドルとなりました。

  • 1300万人が林業セクターにより雇用され、パルプ・製紙産業、木材加工、森林の現場作等に従事しています。さらに350万人が木材家具生産に従事しています。

  • 発展途上国は、国際林業市場の付加価値の高い生産物に対して25%程度の貢献しかしていません。しかし、林業セクターで働く人の70%は発展途上国にいます。

  • 1990から2000年にかけて、中南米及びアジアの発展途上国で、林産加工業の雇用が100万人以上増加しました。

もっと多くの事実を知りたい方は、同報告書をご覧下さい。

(Visited 76 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

今回のPOLEXで紹介した論文は

Lebedys, Arvydas 2004. Trends and Current Status of the Contribution of the Forestry Sector to National Economies, Rome: FAO.

です。無料電子コピーを希望される方、コメントや質問がある方は、

Ms. Adrian Whiteman (Adrian.Whiteman@fao.org) 宛にご連絡下さい。