動物好きの人達へ

Shares
0

Related stories

バイアグラがオットセイを救っています。

 10年前、1億5千2百万人の男性が勃起不全-50歳を超えた男性の半数近くがかかる-に悩まされていました。20年後には、高齢化の進行により、患者の数は2倍以上、3億2千2百万人に達すると予想されます。

  世界のいくつかの地域、特にアジアでは、オットセイ、トナカイ、タツノオトシゴ、ナマコ、ヤモリ、アオウミガメなどから作った伝統薬が、精力剤と して使われています。サイやトラの一部が使われることもあります。精力剤になると信じられているために、絶滅の危機がさらされている動物がいるのです。

 1998年まで、西洋医学は勃起不全に対して、簡単で効果的な治療方法をもちませんでした。そのため、男性達は精神的なよりどころを求 めたので す。しかし、バイアグラは比較的値段が安くて効果が信頼できるため、発売されてから3年のうちに1千万人の人がバイアグラを使うようになりました。

 上のような話をきくと、本当に男性は伝統薬ではなくバイアグラを使うようになったのか、そしてそれが動物たちを救ったかどうか、気になる人もいるでしょう。Frank von Hippel達による一連の論文は、「そうだ。」と言っています。

  von Hippel達は、2004年に香港の漢方薬を扱う診療所で、50歳から78歳までの256人男性が調査しました。男性達は、消化不良、関節炎および痛風 については以前よりも漢方薬に頼るようになっていましたが、勃起不全についてはバイアグラを使うようになっていました。

 von Hippel達は、1998年にカナダでタテゴトアザラシの収穫が大きく減ったのも、バイアグラの発売によるとしています。1998年にバイアグラが発売 されると、勃起不全治療のために売られていたアザラシのペニスの数と価格は、急激に下がり元に戻りませんでした。オイルと生皮に対する需要が増えたため 2001年にはアザラシの収穫量は増えました。しかし、は長い目で見るとバイアグラがアザラシの保全を進めると、von Hippel達考えています。タツノオトシゴについてはそれほどでもありませんが、バイアグラはトナカイの角袋の売り上げも低下させました。

  このことは、貿易の自由化が大きな、時には予想できないような、効果を生物多様性に与えることを示しています。もちろん、絶滅に瀕した動物の保護 をバイアグラに頼ることはできません。しかしながら、男性達が動物の身体ではなく、西洋の薬品を使うようになることで、無用な狩りを減らすことができるの です。

(Visited 59 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

今回紹介した論文は、 次の3編です。

Von Hippel, W., F.A. von Hippel, N. Chan, and C. Cheng. 2005. Exploring the Use of Viagra in Place of Animal and Plant Potency Products in Traditional Chinese Medicine. Environmental Conservation 32 (3): 235-8.

Von Hippel, W. and F.A. von Hippel. 2004. Is Viagra a Conservation Too? Response to Hoover. Environmental Conservation 31(1):4-6.

Von, Hippel, W. and F.A. von Hippel. 2002. Sex, Drugs, and Animal Parts: Will Viagra Save Threatened Species? Environmental Conservation 29 (3): 277-81.

無料電子コピーを下記からダウンロードすることができます。

http://www.psy.unsw.edu.au/Users/BHippel/

著者への質問やコメントは、Dr. Bill von Hippel <w.vonhippel@unsw.edu.au>宛にお願いします。