それはそれとして

Shares
0

Related stories

 ガーナの野生動物肉の話を紹介した前回のPOLEX の原題 は「Have your animals and eat them too(邦題、野生生物を守れ、そして食べよ)」でした。POLEXの著者は、うま い表題を思いついたと得意になっていましたが、彼のオリジナルでは無いことに気付 きました(注)。

 一年ほど前に、野生生物保護協会の John Robinson と Liz Bennettから、「Having your wildlife and eating it too: an analysis of hunting sustainability across tropical ecosystems (野生動物を保持し、そしてまた食べよ:熱帯生態系に おける狩猟の持続性に関する解析)」という論文を受け取っていたのです。しかし、前 回のPOLEXを執筆したときには、印象的な言い回しは覚えていたものの、論文そのもの についてはすっかり忘れていました。

 それはそ れとして、RobinsonとBennettの論文は、前回紹介したガーナの事例がより 広い範囲でなりたつことを示しています。RobinsonとBennettは、野生生物が狩猟によ り絶滅の危機にさらされているところを知るために、アフリカ、アジア、中南米の熱 帯地域からの研究報告を調べました。そして、乾燥林、(湿潤)草原、休閑林地、牧草 地と森林が混ざっているところでの狩猟に比べ、熱帯多雨林での狩猟は持続的ではな いと結論しています。

 このことには、次のような理由 があります。アンテロープ(羚羊)、シカそしてその 他の有蹄動物は肉が多く、開けた草原をすみかとしています。これらの動物は比較的 早く繁殖するので、毎年15-20%程度の個体を採集しても、絶滅の心配はありません。 特に中南米で顕著なのですが、開けたところには身体の大きい齧歯類が多数いて、非 常に早く増加します。

 それとは対照的に、動物の 食べ物の大半が樹上にある熱帯多雨林では、サルやナマ ケモノが最も重要な獲物ですが、齧歯類や有蹄類に比べると肉は少なく、繁殖も遅い のです。熱帯多雨林では、多くの樹木が動物に食べられるのを避けるため葉に化学物 質をためています。熱帯地域で年間に500ミリを超える雨が降るところの草原は、1ヘ クタールあたり15~20トンの動物を養うことができます。しかし、熱帯雨林が1ヘクター ルあたり3トンを超える動物を養うことはほとんどありません。

  理屈では、伐採や移動耕作のために森林を切り開くことで、動物の現存量や利用で きる肉の量を、増やすことができることになります。シカやアンテロープの個体数は、 伐採により一時的に減少するものの、その後急速に増加するという研究例があります。 しかし短絡的な結論は禁物です。伐採に引き続き、常畑化や商業目的の狩猟といった 野生動物の絶滅につながる活動がおこなわれ、動物の個体数を急激に減少させること がよくあるからです。そして、より大きな動物や、より繁殖が遅い動物が、絶滅の危 機にさらされます。

 このように、世界の熱帯域全体でも、前回のPOLEXで紹介した西アフリカの事例と同 じことが言えるのです。狩猟が生態系に与える影響は、獲物となる動物やその生息地 により、大きく異なります。野生肉に関する政策はそれを考慮しなければなりません。

注: 多分、haveの「食べる」という意味とeatを引っかけたのだと思われます。今回の 表題「Hunting for Plagiarizers」は直訳すると、「Plagiarizers(他人の言葉を自分 の言葉のように語る者)狩り」で、狩りの対象は著者自身です。

(Visited 140 times, 1 visits today)
Copyright policy:
We want you to share Forests News content, which is licensed under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International (CC BY-NC-SA 4.0). This means you are free to redistribute our material for non-commercial purposes. All we ask is that you give Forests News appropriate credit and link to the original Forests News content, indicate if changes were made, and distribute your contributions under the same Creative Commons license. You must notify Forests News if you repost, reprint or reuse our materials by contacting forestsnews@cgiar.org.

Further reading

今回紹介した論文は、

Robinson, J.G. and Bennett, E.L. 2004. Having your wildlife and eating it too: an analysis of hunting sustainability across tropical ecosystems. Animal Conservation 7: 397-408. です。無料電子コピーを希望される方は、Dr. Lauren Terwilliger <lterwilliger@wcs.org>宛、ご連絡下さい。コメントや質問は、Dr. John Robinson <wildcons@aol.com> とDr. Elizabeth Bennett <lizwcs@pd.jaring.my>に、お送り下 さい。